NEWS

新着情報

営業得意な人がオンラインだと売れないのは、押し出すポイントを間違えているから

ここ数年でオンライン需要が増え、会議や普段の業務もオンラインで行うことが定着したという会社も多いですよね。

そんな中で、「営業は得意だったけど、オンラインになったせいで売れなくなった」と悩んでいませんか?
オンラインに変わったことで上手くいかなくなった、業績が悪くなった、新規顧客が獲得できなくなったと頭を抱える会社は少なくありません。

ですが、この問題はあることに気を付ければ解決できるのです。

 

というのも、対面とオンラインではそもそもやり方が違います。

営業が得意な人は、自分の“人となり”をアピールしますが、オンラインで「人間関係を作りたい」と思う人は実は少ないのです。
なぜなら、オンラインミーティングには「いやいや参加している人」も多く、そういう人は”人となり”に興味を示しません。

つまり、オンラインで押し出すべきなのは、”人となり”ではなく”情報の濃さ”なのです。

お客さんが必要としている情報を的確かつスピーディーに伝えることで「オンラインだと上手くいかない」を脱することができるはずですよ!

よければ、こちらも参考にしてみてください。

プレゼンが”苦手”から”得意”に変わる!弊社も使う6つの改善方法【オンラインでも使える】
この記事をシェアする
ご相談・お問い合わせ オンラインセミナー申込
上部へスクロール