NEWS新着情報

スタバは広告を出していないのになぜ売れるのか?

 

人気コーヒーチェーン店のスターバックスコーヒー。
あなたもきっとご存知ですよね。

スターバックスが1996年に日本に上陸した当時、コーヒーチェーンの価格は一杯150円前後だったのに対し、スタバは一杯300円近くと約2倍の価格でした。それにも関わらず、濃いファンづくりに成功し店舗数を拡大してきたのです。

 

では、ファンを獲得し、日本全国に店舗を出せた秘訣は何だったのでしょうか?

それは、CM効果でも、ネット広告でも、有名人によるPRでもありません。
『店舗でのスタバ体験に力を入れて口コミを起こしたから』です。

店舗でのスタバ体験とは、

✓ 店内で新作のテイスティングサービスを行う
✓ 高品質なコーヒーの提供
✓ コーヒーのいい香りがする店内づくり
✓ 仕事やPC作業もしやすい空間づくり
✓ 教育時間に70時間もの時間をかける接客サービス
✓ 飲み物のカップにメッセージやイラストを書く

こういったものです。
あなたも「たしかに経験したことがあるな」と思うものが一つはあるのではないでしょうか。

 

このように、顧客と直接関わりを持つことをモットーにしたスタバのマーケティング戦略は、顧客体験を上げ、多くの口コミを起こしました。
この口コミこそが一番の広告となり、新たなファンを獲得するきっかけ、売れ続ける成功要因となったのです。

 

そして「顧客体験」というのは、店舗型ビジネスやリアルの場だけに限らず、オンラインでも重要なものです。

たとえば、WEBサイトの顧客体験が低いと

・集客が思うようにできない
・アクセスはあるのにお問い合わせが取れない
・資料ダウンロードがされない

こういったことが起きてしまいます。

あなたのWEBサイトも「顧客体験」を上げる工夫をしていってくださいね。

※WEBサイトの顧客体験を上げる方法が気になった方は、こちらの記事をチェックしてみてください

この記事を共有する