企業ブランディング支援サービス
時短ブランディング
伝える力を激変させ、顧客の行動喚起を創り出そう

時短ブランディングとは?

「時短ブランディング」は、「ヒトの認識」の部分に焦点を当てたブランディングの新しい手法です。
従来のブランディングが長期間にわたる取り組み(しかもいつ効果が出るのかが分かりづらい)を前提としていたのに対し、この手法では短期間での成果を目指します。全体のプロジェクトとしては一定の期間が必要ですが、時短ブランディングについては短期的な成果の実現に重点を置いています。

ただ短期的な成果の実現とはいうものの、「時短ブランディング」が作業の手抜きや重要なプロセスの省略を意味するわけではないということです。
ヒトの認識に注目し、その理解を深めることで、目指す成果をより迅速に達成できるというのがこの手法のコア部分です。「ヒト」とは、企業がターゲットとする消費者を指し、このヒトの認識に焦点を当てることで、「時短ブランディング」が実現されます。従来のブランディングが「企業側のメッセージ」を中心に据えがちなのに対し、時短ブランディングでは「ヒトの認識」を中心に据えることで、より強固な顧客関係を築くことが可能になります。

なぜ貴社に必要なのか?

あなたの会社に時間は残されていますか?
自分の置かれている業界を見てみて下さい。
高速で変化する市場環境と、情報過多の時代、見込み客は一つ一つの情報に対して割ける時間や注意が非常に限られている状況にすぐにでも対応しなければなりません。

  1. 市場のダイナミズム
    現代の市場は非常にダイナミックで、トレンドや消費者の好みが瞬時に変化します。このような環境では、ブランドが長期間をかけて徐々に認知を高めていく従来のアプローチでは、競合他社に後れを取る可能性があります。時短ブランディングは、迅速に市場に適応し、消費者の関心を即座に捉えることを可能にします。
  2. 消費者の注意スパンの短縮
    デジタルメディアの普及により、消費者は日々膨大な情報にさらされています。その結果、個々のメッセージに対する注意スパンが短くなっています。時短ブランディングは、この限られた注意を効果的に引きつけ、短い時間で強い印象を残すことを目指します。
  3. ROIの最大化
    企業にとって、投資した資源からのリターンを迅速に得ることは重要です。時短ブランディングは、短期間での成果を重視することで、ブランディング活動にかけた時間と資金のROIを最大化することを目指します。
  4. 競争優位の確立
    迅速にブランド価値を構築し、市場での認知を高めることは、競争が激しい業界において優位性を確立する上で不可欠です。時短ブランディングは、ブランドが短期間で目立つ存在になり、競合から一歩抜きん出ることを可能にします。
  5. 柔軟な市場対応
    市場や消費者のニーズが変化した際に、迅速にブランディング戦略を調整できる柔軟性も、時短ブランディングの重要な利点です。短期間での成果を目指すことで、必要に応じて戦略を素早く変更し、市場の変化に適応することが容易になります。

これらの理由から、時短ブランディングは、現代のビジネス環境において企業が直面する多くの課題に対応するための効果的な手法となっています。

どのように行うのか?

時短ブランディングメソッドに取り組むための契約方法は、お客様の具体的な要望に応じて3種類用意しています。

伴走型:

このオプションでは、顧客企業と緊密に連携し、オーダーメイドのブランディングとマーケティング計画を策定し、それを実行に移します。ブランディングとマーケティングの能力を社内で養いたい、または長期的な戦略を確立したい企業に最適です。

先導型:

デジタルマーケティングにおける成果を妨げる要因を見つけ出し、それを解決することで速やかに成果を上げることを目指します。迅速な成果を望む企業や、専門的な知識が社内にない、予算が限られている中小企業に特に適しています。

顧問型:

デジタルマーケティングに関する相談を受け、アドバイスを提供します。また、定期的に開催される勉強会を通じて、知識の共有を図ります。デジタルマーケティングに本腰を入れたいが、専門スタッフが不在の企業や、具体的な指導を求める企業に適しています。

これらの契約方法は、お客様が直面している課題や目標に合わせて選択可能であり、禁断のブランディングと時短ブランディングの両サービスを活用することができます。

時短のブランディングサービスサイトはこちら

契約方法はこちら

ご相談・お問い合わせ オンラインセミナー申込
上部へスクロール